2019/2/25 宅建業法令研修会 MEMO


自己用MEMOファイル:  研修会メモ

●講師:
埼玉県都市整備部建築安全課 藤澤絵美香 先生

・宅建業有効期限、平成8年より5年に更新
・宅建業免許必要条件 1.代表者、2.宅建士、3.営業事務所、4.営業保証金(60,30 or 1000,500)
・宅建士就任登録 1.個人:勤務先登録必要 2.会社:業者名簿に記載する
・事務所設置物 1.報酬額表 2.業者表 3.取引台帳、契約書、重要事項説明書 4.従業者名簿 5.従業者証明書
・問い合わせ: 埼玉県都市整備部建築安全課宅建業免許担当 048-830-5492、048-830-4887

●講師:
県本部事務局次長補佐 花城善治 先生

・むやみに信用信頼しない。必ず信用調査をする。
・手付金1000万円は注意(手付金保存の境目)。すぐに値下げに応じるか確認。

●講師:
弁護士(顧問)掘克己 先生
相続に関する民法改正について

・相続放棄期間(相続発生後3か月)に少しでも相続したら、放棄できなくなる
・誰も相続人がいない場合: 家裁が専任する「相続財産管理人」と交渉することになる
・遺留分については、遺留分侵害額に相当する金銭債権が発生する方向へ
・配偶者居住権の新設(家賃、固定資産税、相続税の扱い決まっていない) 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です