戸建の内装・外装を選ぶコツ?


現在、オーダー注文住宅(戸建賃貸)の建設に関わっています。

本日は内装・外装の選び方について、お役に立つこと記載しておきます。


建物の間取り決定後、内装と外装を選ぶ機会があります。

それが大変神経を使う作業になるのですが、

その理由は、

[1] オーナー自身が、当日はじめて色味等を選択する

[2] その作業を大抵 ” 1日 ” で終えることが多い

間取りも大事ですが、同等に重要と思われる内装・外装について、

多くは当日に初めてサンプルを閲覧し

各部屋の壁紙、電灯、ドア、そして外壁、屋根、玄関ブロック等

多量の家材について即決即断のように決定していくことになります。

住宅に関わっている身ではありますが、

希望をしっかりイメージできていないとそれは大変な作業です。

特に初めての方は、当日の決定事項の多さに驚くことでしょう。

以前もそうでしたが、今回も同様で、その困難さを久々に思い出し、

「そうだ、しっかり準備しておくべきだった」とつくづく痛感しました。

以下、自警の意味も込め、ポイントについて書いておきます。

「 事前準備をしっかりと行う 」 

① できれば、当日の選択項目を全てあらかじめ教えていただく。

  (選択項目についてあらかじめ希望を固められる)

② 出来るだけ多くのカタログを借りるか自ら取り寄せ、イメージを固める。

  (最下部の参考になるカタログを記載しておきます)

③ 打ち合わせは2日ほど取れればmoreベター。

  (1日は軽い打ち合わせで、2日目に最終決定等)

【 参考になるカタログ 】 以下おススメです。

★外観カタログ:ケイミュー 社「すまいの外観デザインブック(一般地域用)2017」資料請求 ※外観など大変イメージしやすい。ぜひ資料請求してみてください。

★内装カタログ:EIDAI 社 

家をお建てになる場合、ぜひご参考ください。

”準備”にてすばらしいお住まいが建設されると思っております。

~ 不動産に関しあなたを応援します ~  global-s 中村忠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です