安心する契約書のかわし方は?


先日、不動産関係のある契約書を交わしました。

過去の契約時は、私も緊張して手が震えたこともありましたが、

本日は、「安心する契約」の話をしたいと思います。

短いですので、どうぞお読みくださいね。


以下、よくある契約の形かと思います。

① 契約書を渡される:  契約当日、契約書をその場で確認

② 契約内容確認(捺印)   

③ 契約書コピーを受領: 一部契約書をもらう

今後は以下の形をおすすめ致します。

従来と ”順序を逆にする” たったこれだけです。

契約書案のコピーを先に、もらってください。

① 契約書コピーを受領:  事前に、契約書コピーをもらう

② 契約内容確認:     自宅で十分確認。不明点等すべて問い合わせ。

③ 契約書を渡される:   契約当日、完全になった契約書を再確認し、契約。

故意の場合を除いても、人の行う作業ですので、契約書作成時に住宅業者様のミス等もあることでしょう。

ぜひ、一言「先に契約書を確認したいので、コピーを事前に下さい」とお伝えいただけたらと思います。

不動産契約全般に使用できると思いますので、

どうぞ安心して喜ばしい契約となりますよう。

~ 不動産に関しあなたを応援します ~  global-s 中村忠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です